エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは

4Cの中では、最も優先するべきものとしては、カットであるといえるでしょう。次にカラット、そしてその次にカラー、クラリティー、という順序になっていきます。
もちろん、予算に応じて決めていく必要がありますが、カットはやはり妥協せずにエクセレントを選ぶようにして、カラーとクラリティーに関しては多少は抑えても、カラットが大きいものを選ぶようにしましょう。

それが、コストパフォーマンスに対して見た目の良いダイヤモンドを選ぶことができるコツでもあります。普通、ダイヤモンドの鑑定をすることができるような人はいません。
専門家でなければ見分けることができないような特徴にこだわるよりも、普通に見て解るくらいのポイントを重視するために、他の部分はランクを下げるということもできます。これが、ダイヤモンド選びのためのコツでもあります。

Comments are closed.