投資用金貨の購入と売却

投資用金貨については、大手地金商、金属精錬会社の販売店などで、金相場に連動した市場価格に基づいて売買を行なうことができるようになります。その価格については、金地金と同じように、店頭小売価格、店頭買取価格の二本立てとなっています。同じ量の金地金よりも割高となっているのです。これには、金貨の鋳造、流通といったコストがプレミアムとして上乗せされているという理由があります。その売買のためには金地金のように手数料がかかるということはなくプレミアムによって相殺をするという形になります。

一般的に、小口の投資をするということに限定すれば、投資用金貨のほうが金地金よりも投資コストを低減することができるために、重量がある金貨であるほど一枚あたりの価格の中での鋳造コストの割合が小さくなっていくことになります。最も投資効率が高いのは、1トロイオンス金貨であるといえるでしょう。売却をする場合には、傷がついている、変形をしているという場合には、当然通常の価格よりも安い価格が適応されてしまう可能性がありますので、注意をしましょう。

Comments are closed.