投資用金貨の金の純度

投資用金貨においては、24Kのものと、22Kの二つのものが存在しています。24Kの場合には、全体の24分の24が金である、つまり純度は99.99%、純金ということになります。一方で22Kの場合には、全体の24分の22が金であり、純度としては91.67%になります。それ以外に、銀や銅といったものが含まれていることになります。

24Kはつまり純金であるために、金が本来持っている輝き、質感を有しているといえます。しかし、金は本来の性質として非常に柔らかく、傷がつきやすいという点もあります。それに対して22Kの金貨の場合には、銀や銅を混ぜることによって硬度が高まり、傷がつきにくくなっています。金の含有量については、24Kと22Kの金貨ではどちらも同じで、22Kのほうが銀や銅が含まれているために、重さが多くなっています。

お気に入りサイト

  • 親鸞会は仏教について教えます。

Comments are closed.