金閣寺の金箔は分厚い!

金箔は、厚みとして約0.1ミクロンとなっているのが通常です。非常に薄く伸ばすことができる、というのが金の特性でもあります。しかし、ここで思い浮かべられるのが、あの金箔張りの建物である金閣寺です。

金閣寺も、そんな薄い金箔を使っていたら、雨風にさらされて簡単にはがされてしまうような気もします。
ですが、金閣寺の金箔は違います。この金箔は、通常の五倍もの厚みを持つ金箔が張られているのです。縁付箔で、色は一号色のものです。さすが、金閣寺というだけのスケール感ですね。また、この金箔については何年かおきに張替えが行なわれています。だからこそ、いつでも輝きを保つことができているのですね。

金関連サイト

Comments are closed.